広島の人事・退職金・企業年金アドバイザリーファーム。地域密着で中堅・中小企業をサポートしています。

退職金コンサルティングの考え方 

基本スタンス


退職金・企業年金制度は非常に長期に亘る制度運営となりますので、様々な側面から慎重に検討することが必要です。弊社では、@制度面 A財務面 B税務・会計面の各側面から詳細な分析を行い、『長期安定的な制度』の構築を目指しています。



制度面


■多用な選択肢の中から、貴社に相応しい組み合わせをご提案します

企業風土、人事ポリシー、年齢構成、入退者の状況等様々な要素を考慮・分析し、異なる退職金準備制度(確定拠出年金・確定給付企業年金・中退共・生命保険・引当金準備等)を組み合わせ、貴社に最も相応しい制度をご提案します。



財務面


■将来の掛金負担の予測により、適正な退職金水準をご提案します

人員計画、昇給・昇格状況により、掛金負担は将来大きく上昇する可能性がありますので、制度導入時の掛金負担だけで退職金水準を決めるのは危険です。弊社では、5〜10年程度の予測を行い、長期安定的な制度の構築に努めています。



税務・会計面


■貴社の会計制度に基づき、『隠れ債務』を生まない制度をご提案します

現行の中小企業の税務・会計制度のもと、多くの企業では退職金債務は『隠れ債務』となっています。当社では、貴社の会計制度を充分に理解し、将来的にも『隠れ債務』を生まない制度をご提案します。


次のページへ(退職金コンサルティングの特徴)



お問い合わせフォーム


Page Top


この改行は必要→